減税しながらリフォームしよう

税金の仕組みを知っておく

バリアフリーのリフォーム

特殊な条件に当てはまるリフォームの場合は、減税される制度があります。
高齢になった両親を介護するために、リフォームする人がいるでしょう。
廊下に手すりを付けたり、階段の段差を低くするなどのリフォームがバリアフリー機能に含まれます。
すると、投資型減税という方法が適応されるので使ってください。

20万円近く減税することができるので、使わないと損をします。
そのぐらい節約できれば、もっといろんなバリアフリー機能を搭載することが可能でしょう。
便利な機能は、あればそれだけ楽になります。
介護をするのは大変ですが負担を減らすことができるので、うまく制度を使ってたくさんのバリアフリー機能を自宅に追加することをおすすめします。

エコに関する制度

ローンを借りてリフォームする時に、内容によっては減税できます。
省エネに関するリフォームだったら、税金が免除される仕組みになっています。
これから自宅でエコ活動ができるようにリフォームする時は、ローンを組んだ方がお得になるでしょう。
ですが、誰でも簡単にローンを組めるわけではありません。
審査を通過しないといけないので、結果を得るまでに時間がかかります。

早めにリフォームの計画を立てて、ローンを組めるよう審査を申し込んでください。
限度額は、1年で12万円ぐらいまでです。
5年間ローンを支払う決まりだったら、最高で60万円前後も減税することができます。
かなりお得なので、積極的に機能を搭載して生活に役立ててください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る