減税しながらリフォームしよう

ローンをうまく使う方法

住宅ローンを組んで減税

住宅を購入する時に、ローンを組んで支払っている人がいます。
その人が自宅をリフォームする時は、減税できる制度があるので助かりますね。
細かい条件があるので、確認してみましょう。
まず、自宅であることが条件です。
所有していない住宅は、制度を適応することができません。
ですから親が所有している住宅は、残念ながら全額自己負担でリフォームすることになります。

さらに、リフォームの料金が100万円を越えることも条件です。
ですが浴室やキッチンをリフォームする場合は、各場所で100万円を越えるケースが多いです。
そのため、こちらの条件は誰でもクリアすることができると思います、
この制度を使用できる人が多いので、依頼する前に知っておきましょう。

ローンの返済期間

ローンを組む時は、何年かけて返済するのか決めます、
短い年数の方がローンに追われる生活を送らなくて良いので、短い期間に頑張って返済しようと考えている人が見られます。
ですがローンを返済する期間が短くなると、リフォームする時に税金を減らせる制度が適応できなくなると覚えておきましょう。

制度を使う時の条件に、ローンの返済期間が10年以上というものがあります。
これから自宅をリフォームしようと思っている人は、10年以上の返済期間を選択した方がお得でしょう、
少しずつお金を支払っていくので、長期間になっても生活に大きな影響は出ないと思います。
この制度を適応できれば、リフォームに必要な金額を最大100万円免除できます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る