減税しながらリフォームしよう

特別なお金でリフォームする

贈与税の仕組みを知ろう

贈与税とは、親戚や家族からお金を受け取った時に発生する税金です。
受け取った金額が多ければ多いほど、納める贈与税も高額になってしまいます。
ですが、受け取ったお金を使ってリフォームをすれば贈与税を減額したり、免除したりすることが可能です。
住宅で壊れている部分があったり、不便だと思っている部分があったりした場合はリフォームした方がお得です。

リフォームの費用が100万円を越えて、お金を受け取った人が所有している住宅だったらこの制度を適応できます。
他のことに使うと、せっかくたくさんのお金をもらっても贈与税を納めなければいけないので手元に残分が少なくなってしまいます。
効率良く、受け取ったお金を使える工夫をしましょう。

耐震工事を済ませておく

地震が来た時に、住宅が壊れる危険性があります。
耐震工事を済ませておけば、大きな地震が来ても耐えることができます。
それもリフォームに含まれますし、固定資産税を減額できるメリットがあります。
申請しないと、固定資産税がそのままなのたくさんのお金を納めなければいけません。
忘れないで申請しましょう。

工事が終わったら、3か月以内に申請する決まりになっています。
規模の大きさに関わらず、耐震工事だったら誰でもこの制度を受けることができます。
いつ災害が来るか分からないので、早めに耐震工事を済ませておきましょう。
まだ済ませてないのに地震が訪れて住宅が崩壊したら、作り直さないといけません。
リフォームよりも高額な出費になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る